心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識が得られるでしょう。

20181114133451

MENU

マルチビタミンに効果がないことを人に信じてもらう方法

何種類ものビタミンが含まれている「マルチビタミン」。 ビタミン不足の解消や健康効果が期待されますが、健康的な人がマルチビタミンを摂取しても偽薬以上の効果はありません。中身が砂糖のカプセルを飲んでいるようなものなのです。研究によっては、むしろ…

メンターになれば、不安レベルが低下し仕事に意義を感じられる

経験豊富な人からアドバイスをもらえたり悩みの相談に乗ってくれたりすると、ありがたさを感じるものです。 そのアドバイスがきっかけで、人生が好転することだってあるでしょう。 では、反対にアドバイスを与える側の方には、何かメリットがあるのでしょう…

経済的な成功を予測するのは、IQと算数の能力のどちらか?

IQが高い人、算数が得意な人は、社会でも成功しやすいのでしょうか? 複数の研究によれば、算数の能力の低さが給料の低さや失業、さらに昇進の機会の少なさにすら関係していたといいます(1,2,3)。 IQの方は、面接で自分を上手くプレゼンすることができるとい…

ダークトライアドの反対?新しくライトトライアドの存在が明らかに

ダークトライアドの反対に近い存在、ライトトライアドという特性が明らかになりました。 ライトトライアドは、ダークトライアドとは違って、まるで聖人のような存在です。もしも、自分に当てはまっていたなら、他の人から魅力的な人間のように思われているこ…

【シンガポールの研究】認知機能の低下を防ぐ魔法の食材が見つかったかも

シンガポール国立大学の研究では、2011年~2017年の6年に渡る研究で、年齢による認知機能の低下を防げる可能性がある食べ物を見つけました。 ここでいう認知機能とは、記憶力や注意力の低下、言語の問題などのこと。 この食べ物を積極的に食べれば、物忘れや…

歩くことで拡散的思考が約60%高まったという研究結果

グループでアイデアを練る際には、一般的に座って話しあうものですが、むしろ歩きながら話し合うことでアイデアは生まれやすくなります。 座っているよりも歩いている方が、次々と新しい案を思いつけるのです。 その証拠にスタンフォード大学の研究では、歩…

気をつけてSNSを見ないと、知識に過剰な自信が生まれる

SNSを使えば、ネット検索では手に入らないような魅力的なニュースが手に入ります。 しかし、そのせいで思わぬ弊害がもたらされていることを私たちは知りません。 ニュースフィードに流れでくる情報は、量が膨大すぎるゆえに、記事タイトルを読んだだけで満足…

コルチゾール量が減るぐらいストレスに効果的な活動とは?

ストレスに効果的な活動を見つけました。 運動でも、瞑想でも、自然を見ることでもありません。 その活動は、アートです。 研究によると、1回45分芸術に取り組めば、コルチゾール量が減り、リラックスや不安減少の効果が得られるとのこと。 さっそく、アート…

たった1つこの感覚を持てば、歳を取っても認知能力が高い

歳を取って怖いのは、物忘れが激しくなること。 若い内から運動に取り組んだり、健康的な食事に気をつけたりすることで、脳の老いるスピードを緩やかにすることはできます。 しかし、これらをいざ実践しようにも、やる気が続かないということがあります。 も…

創造性を低下させるNGな音が明らかに

「何かアイデア下さい」 そう言われた時に、周りからどんな音が聞こえるかで発想のしやすさは変わります。 音楽、雑音、何も聞こえない。 これら3つの内1つだけ、創造性を低下させてしまうものがあります。 どれだと思いますか? セントラル・ランカッシャー…

昔より創造性が減った、それ自己批判が原因かも

前よりもアイデアを思いつかなくなった。人より発想力が無い。 このようなことに思い当たったら、もしかすると、原因はあなたの行っている自己批判かもしれません。 ノースウェスタン大学らの研究では、自己批判が創造性を下げることを明かしました。 そして…

決断に時間がかかる人はストレスが溜まりやすいという研究結果

スーパーでお弁当を買うとき、旅先で友人へのお土産を決めるとき。 選択の機会は数多くあります。 あなたは、それらの選択にすぐ決断をしますか?それとも長い時間悩みますか? じっくり悩んだ方が良い決断ができそうな気はします。 しかし、南洋理工大学と…

幸せな性格とは外交性のこと、でもそれより幸福を左右するのは...

外交的な人は常に明るく、人に囲まれていて幸せそうに見えるものです。 しかし、内向的な人が幸せでないかと言うと、決してそんなことはありません。 確かに、心理学では、外交的な方が結婚生活が上手くいきやすかったり、うつになりづらいといわれてたりし…

マインドフルネスにこのトレーニングを加えれば、孤独は減る

うつや不安症の改善、ストレスの減少など、マインドフルネスにはメンタルを強化する力があります。 最近の研究では、マインドフルネスのトレーニングにある1つのトレーニングを加えることで孤独感が減ることが分かりました。 これからお伝えすることを実践す…

手書きとタイピング、どちらでメモを取ると記憶に残りやすいのか?

本を読んだり人の話しを聞いたりするとき、気になった情報をメモする習慣がある人は多いです。 ノートに手書きで書きこむこともあれば、パソコンやスマホで文字を入力することもあるでしょう。 しかし、メモの内容を記憶するのにどちらの方法が相応しいので…

目を見て話せないなら視線をずらそうは科学的に正しいのか?

「目を見て話せないなら、目の少し上を見て話そう」 会話中に目を合わすのが怖い、恥ずかしいという人に与えられるよくあるアドバイスです。しかし、このアドバイスに科学的根拠はあるのでしょうか? 頭付近を見て話していたら、相手に違和感を与えてしまわ…

たった1枚写真を撮るだけでも楽しい気分が減るかも

撮った写真を見返すと楽しい気持ちになりますよね。卒業旅行の写真や子供のころの無邪気な姿を見て、懐かしい気分になったり。 しかし、デンバー大学らの研究によると、撮る行為自体はその瞬間の楽しさを減らしてしまうのだそうです。 旅先で何度も撮ったり…

難しい質問をする面接官はナルシストとサディズムの可能性あり

面接官の中には、優しい質問と難しい質問をしてくる人がいます。 「学生時代にがんばったことを教えて」これはよく聞かれる質問で、すらすらと答えられるでしょう。 一方、「日本全体にある窓の数を教えて」このような質問をされたら答えられますか? ほとん…

マインドワンダリングで浮かぶアイデアはここが優れている

1月31日から風邪で寝込んでいて、まだ体調が優れません。一応、記事を書けるくらいの体力は戻ったので、短めですが心理学に関する研究を紹介していきたいと思います。 今回は、マインドワンダリング中に浮かぶアイデアの方が仕事中に浮かぶアイデアよりも、…

ピザとリンゴ、不健康な食品を買いたくなる香りはどっち?

ピザの芳ばしい香り、りんごのフルーティーな香り、どちらを嗅ぐと、不健康な食品を買いたくなると思いますか? ピザの香りでカロリーの高い食品を買いたくなるのでしょうか?それとも、りんごで、ヘルシーな食品を買いたくなるのでしょうか? 答えは、Journ…

SNSで楽しくお喋りしてても孤独感は癒えないという研究結果

American Journal of Health Promotionに掲載された最近の論文(1)では、SNSで人と楽しくお喋りしても、孤独感は変化しないことが研究結果として示されました。 SNS上ではなく、リアルな世界で人と関わらないと、孤独感は癒えないかもしれません。 SNSでのポ…

リズミカルなジェスチャーで子どもの言語能力がアップするかも

ジェスチャーを交えて話をすると、相手は話の内容を理解しやすくなります。言葉では表現できない欠けている情報を動きで補ってくれるからです。 これは、どんな年代にもいえることで、子どもも大人もジェスチャーを見ることで、話の理解の助けとなっています…

あなたのBMIはいくつ?高くても低くても収入に影響するかも

健康診断に行くと、毎回気になるのが身長体重の値ですよね。去年よりも背伸びたかな?体重減っているといいなと考えていると思います。 が、健康診断結果のBMIの欄を何気なく「あ~普通体重か」と適当に見ていませんか? 最近の研究によると、BMIの高さや低…

難しいことへの挑戦を成功させる4つの戦略

難しいことに挑戦したい。そんな時に使える戦略が4つあります。 ダイエットや、運動を始める、外国語の習得など、一見難しそうな挑戦もこれら4つを使えば、成功率はぐっと高まるはず。 失敗しがちな戦略もお伝えするので、過去に使ったことがないか確かめて…

テスト不安の心理学的な対処法【スタンフォード大学らの研究から】

今回は、テスト前に不安を感じてしまう人向けのお話です。 不安のせいでテストに集中できず、実力を発揮できなかったことはありませんか?せっかく勉強しても成果が現れないと悔しいですよね。 そこで、これからスタンフォード大学らの研究(1)よりテスト不安…

何分自然に触れたら気分は上がるのか?【リジャイナ大学の研究結果】

気分が落ち込んだ時に、どのように対処していますか? 運動をする、瞑想をする、音楽を聴く、色んな方法がありますが、その中でも特に効果的なのは、自然に触れることです。 「なんだ、自然か。もうやってるよ」という方もいると思います。しかし、何分間で…

なぜ本当の自分を隠すと生きづらいのか?【心理的なデメリットとは】

内向的な性格なのに外交的に振舞ったり、大して好きでもない人と一緒に遊んだりして、疲れてしまうことはありませんか? 社交的な自分を演じているつもりなのに、人間関係からは一切幸福を感じられない...。せっかく友だちができても、一緒にいても楽しくな…

あの写真を見せたら「人を助けたい」気持ちが強まったという研究

心理学では、過去にこんな面白い研究が行われました。 人間の目の写真を見せただけで、寄付金額が上がった。ゴールテープを切りながら優勝を喜ぶマラソンランナーの写真を見せたら、オペレーターの生産性が上がり、業績が60パーセントも上がった。 これらの…

【ナルシストだけじゃない】SNSに自撮りを投稿するのはこんな人

SNSに自撮りを投稿する人からは、直感的にヤバいと感じさせる何かがあります。 様々な心理学研究を見てみても、確かにその直感は当たっていて、自撮りを多く投稿する人ほどナルシストだったり、精神的に問題(ストレスや不安)があったりするそうです。 そん…

不安の原因のひとつは未来のイメージにあり【対象法を紹介】

些細なことなのに不安を感じてしまう人がいます。 友だちと遊びに出かけるだけなのに胸がドキドキしたり、学校で授業中に発言するのが怖かったり、「不安にならなくてもいいのに」と頭で理解していても、心がいうことを聞かないことがあるでしょう。 実は、…