心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識が得られるでしょう。

20181114133451

MENU

手書きとタイピング、どちらでメモを取ると記憶に残りやすいのか?

本を読んだり人の話しを聞いたりするとき、気になった情報をメモする習慣がある人は多いです。 ノートに手書きで書きこむこともあれば、パソコンやスマホで文字を入力することもあるでしょう。 しかし、メモの内容を記憶するのにどちらの方法が相応しいので…

目を見て話せないなら視線をずらそうは科学的に正しいのか?

「目を見て話せないなら、目の少し上を見て話そう」 会話中に目を合わすのが怖い、恥ずかしいという人に与えられるよくあるアドバイスです。しかし、このアドバイスに科学的根拠はあるのでしょうか? 頭付近を見て話していたら、相手に違和感を与えてしまわ…

たった1枚写真を撮るだけでも楽しい気分が減るかも

撮った写真を見返すと楽しい気持ちになりますよね。卒業旅行の写真や子供のころの無邪気な姿を見て、懐かしい気分になったり。 しかし、デンバー大学らの研究によると、撮る行為自体はその瞬間の楽しさを減らしてしまうのだそうです。 旅先で何度も撮ったり…

難しい質問をする面接官はナルシストとサディズムの可能性あり

面接官の中には、優しい質問と難しい質問をしてくる人がいます。 「学生時代にがんばったことを教えて」これはよく聞かれる質問で、すらすらと答えられるでしょう。 一方、「日本全体にある窓の数を教えて」このような質問をされたら答えられますか? ほとん…

マインドワンダリングで浮かぶアイデアはここが優れている

1月31日から風邪で寝込んでいて、まだ体調が優れません。一応、記事を書けるくらいの体力は戻ったので、短めですが心理学に関する研究を紹介していきたいと思います。 今回は、マインドワンダリング中に浮かぶアイデアの方が仕事中に浮かぶアイデアよりも、…

ピザとリンゴ、不健康な食品を買いたくなる香りはどっち?

ピザの芳ばしい香り、りんごのフルーティーな香り、どちらを嗅ぐと、不健康な食品を買いたくなると思いますか? ピザの香りでカロリーの高い食品を買いたくなるのでしょうか?それとも、りんごで、ヘルシーな食品を買いたくなるのでしょうか? 答えは、Journ…

SNSで楽しくお喋りしてても孤独感は癒えないという研究結果

American Journal of Health Promotionに掲載された最近の論文(1)では、SNSで人と楽しくお喋りしても、孤独感は変化しないことが研究結果として示されました。 SNS上ではなく、リアルな世界で人と関わらないと、孤独感は癒えないかもしれません。 SNSでのポ…

リズミカルなジェスチャーで子どもの言語能力がアップするかも

ジェスチャーを交えて話をすると、相手は話の内容を理解しやすくなります。言葉では表現できない欠けている情報を動きで補ってくれるからです。 これは、どんな年代にもいえることで、子どもも大人もジェスチャーを見ることで、話の理解の助けとなっています…

あなたのBMIはいくつ?高くても低くても収入に影響するかも

健康診断に行くと、毎回気になるのが身長体重の値ですよね。去年よりも背伸びたかな?体重減っているといいなと考えていると思います。 が、健康診断結果のBMIの欄を何気なく「あ~普通体重か」と適当に見ていませんか? 最近の研究によると、BMIの高さや低…

難しいことへの挑戦を成功させる4つの戦略

難しいことに挑戦したい。そんな時に使える戦略が4つあります。 ダイエットや、運動を始める、外国語の習得など、一見難しそうな挑戦もこれら4つを使えば、成功率はぐっと高まるはず。 失敗しがちな戦略もお伝えするので、過去に使ったことがないか確かめて…

テスト不安の心理学的な対処法【スタンフォード大学らの研究から】

今回は、テスト前に不安を感じてしまう人向けのお話です。 不安のせいでテストに集中できず、実力を発揮できなかったことはありませんか?せっかく勉強しても成果が現れないと悔しいですよね。 そこで、これからスタンフォード大学らの研究(1)よりテスト不安…

何分自然に触れたら気分は上がるのか?【リジャイナ大学の研究結果】

気分が落ち込んだ時に、どのように対処していますか? 運動をする、瞑想をする、音楽を聴く、色んな方法がありますが、その中でも特に効果的なのは、自然に触れることです。 「なんだ、自然か。もうやってるよ」という方もいると思います。しかし、何分間で…

なぜ本当の自分を隠すと生きづらいのか?【心理的なデメリットとは】

内向的な性格なのに外交的に振舞ったり、大して好きでもない人と一緒に遊んだりして、疲れてしまうことはありませんか? 社交的な自分を演じているつもりなのに、人間関係からは一切幸福を感じられない...。せっかく友だちができても、一緒にいても楽しくな…

あの写真を見せたら「人を助けたい」気持ちが強まったという研究

心理学では、過去にこんな面白い研究が行われました。 人間の目の写真を見せただけで、寄付金額が上がった。ゴールテープを切りながら優勝を喜ぶマラソンランナーの写真を見せたら、オペレーターの生産性が上がり、業績が60パーセントも上がった。 これらの…

【ナルシストだけじゃない】SNSに自撮りを投稿するのはこんな人

SNSに自撮りを投稿する人からは、直感的にヤバいと感じさせる何かがあります。 様々な心理学研究を見てみても、確かにその直感は当たっていて、自撮りを多く投稿する人ほどナルシストだったり、精神的に問題(ストレスや不安)があったりするそうです。 そん…

不安の原因のひとつは未来のイメージにあり【対象法を紹介】

些細なことなのに不安を感じてしまう人がいます。 友だちと遊びに出かけるだけなのに胸がドキドキしたり、学校で授業中に発言するのが怖かったり、「不安にならなくてもいいのに」と頭で理解していても、心がいうことを聞かないことがあるでしょう。 実は、…

【耳の聞こえづらさをチェック】意外な心の病のリスクが1.44倍に

友だちと集まって喋っているとき、1人の人の声が周りの皆には聞こえているのに私だけ聞こえづらいということはありませんか? 何度も会話中に「ん?なんていった?」と聞き返してしまうことはありませんか? 思い当たる人は要注意です。 実は、耳の聞こえづ…

【悲報】あの有名な心理学実験「温かい飲み物で...」が再現に失敗してた

心理学の有名な話で、「温かい飲み物を持つと、相手のことを温かい人間だと感じる」というのがあります。物理的に温かさを感じると、目の前の人のことも優しい、穏やか、のように温かい人間だと感じてしまうのだそうです。 この話を聞いた人の中には、「温か…

ぼーっとスマホをいじっていると他のことでもぼーっとするかも

ぼーっとスマホを眺めている時間がありませんか? 実は、その時間が長くなるほど、スマホ以外のことでもぼーっとしてしまうことが海外の研究で分かっています。 普段からこんなことをしていたら、要注意です。 思考停止でyoutubeで面白い動画を探す ツイッタ…

【開放性の高いひと必見】1日15分で創造性を高める方法

今回のお話は、残念ですが開放性の低い人には当てはまりません。 開放性とは、色んなことに興味を持てる性格のことです。例えば、こんな人が開放性が高いといえます。 好奇心が強い 審美眼(美しいものを見ると感動する) アイデアを練るのが好き 感受性が豊…

ナルシストが恋愛に求めるものは普通の人と違うらしい

「彼がナルシストかもしれない」そう感じたなら、その恋は諦めるべきかもしれません。 ナルシストとの恋愛で上手くいくには、彼らの理想的なパートナーである必要があります。それも高額の収入や魅力的な見た目という厳しい基準をクリアしなければならないの…

不安を感じやすいサイコパスがいるかも

サイコパスと聞いて多くの人が想像するのは、「自信たっぷり、人を騙す、メンタルが強靭」といった性質だと思います。しかし、どうやら心の脆いサイコパスも存在するようなのです。 明日のプレゼン不安だなぁ、休みたい、と考えるサイコパスがいるのかもしれ…

SNSでこんな投稿をシェアしている人は知能が低い

SNSの投稿欄を見ただけで、その人の知能の低さが分かるかもしれません。 見るべきポイントは、どんな文や記事をシェアしているかです。 そこにある特徴が表れていたら、言語能力や認知能力、さらに知能以外のことまで劣っているといえるでしょう。 知能が低…

「脈ありのサインは声のトーンにあり」という研究が発表されてた

好きな人を目の前にすると、男性も女性も声のトーンが変わることが分かりました。 異性からの脈ありサインを見抜くなら、声が手がかりとなるかもしれません。 相手が自分のことを好きか自信がない、そんな時に参考になります。 初対面の人が自分に気があるの…

ダークトライアドの顔はモテないという研究

性格こそ魅力的でモテやすいダークトライアドですが、1つ弱点があることが分かっています。 ダークトライアドの見た目からは自信が漂い、口を開けば楽しいおしゃべりが始まり、リスクを恐れず果敢に行動するさまはカリスマ性を感じさせます。 しかし、そんな…

IQの低さを補う知性、EIとは?【伸ばし方も紹介】

知能の高さを表すのはIQだけではありません。それと同等、もしくはそれ以上に重要とされるのがEIという知性です。 IQの値は学生時代にほとんど決まってしまい、後から伸ばすことはほぼ不可能です。しかし、EIなら今からでも伸ばせます。 EIとは何のか?どん…

こんなちょっとした活動でうつのリスクが30%以上低下する

月に1回、もしくは2,3ヶ月に1回、ちょっとした活動をするだけでうつの進行リスクを減らせます。 頻繁に友人と会ってお喋りをしたり、スポーツで仲間と汗を流したり、といった手間のかかる活動をする必要はありません。 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン…

【学習の心理学】聴くvs読む【どっちが記憶に残る?】

ポッドキャストのように音声を聴きながら学習するのと、テキストを読んで学習するのとでは、どちらが記憶に定着しやすいのでしょうか? 過去の研究を参照してみると、両者の差は歴然としていました。 記憶に定着するのは読む方である ノーザン・コロラド大学…

嫌がらせのある職場にいるとパートナーの睡眠の質まで悪化する

嫌味を言ってくる、無視される、仕事の邪魔をしてくる、職場内での嫌がらせは珍しくありません。 ポートランド大学とイリノイ大学の新しい研究によると、嫌がらせの心理的な被害は、被害者だけでなく、そのパートナーにまで及ぶそうです。研究結果には、2人…

料理をあれすると、交渉が成功しやすくなる【説得の心理学】

「どうしても聞いてもらいたいことがある」「取引先との交渉を上手く進めたい」 そんなときには、相手と1枚のお皿でシェアして食べるレストランに行くと成功しやすいです。2人とも別々の料理を頼んで食べてしまうと、交渉は上手く行きづらくなるかもしれませ…