心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識を学べるでしょう。

20181114133451

MENU

心理学的に人から信頼されやすい名前の付け方

name-trust
SNSのアカウント名、ゲームのキャラクター名、名前を付ける時にどのようにしようか迷うことがありますよね。

人と被らないように、ちょっと頭を捻って難しい名前にしてしまったなんてこともあるでしょう。

それ、すごく勿体ないです。心理学的に好ましい名前の付け方とは、短く分かりやすい名前のこと

せっかく時間をかけて考えた名前が人から受け入れられないのは、悲しいですよね。そこで今回は、人から信頼されやすい名前の付け方についてお伝えしていきます。

 

 

信頼されやすい名前の特徴

ヴィクトリア大学ウェリントンらの研究(1)では、どんな名前が信頼されやすいのか調べています。

研究の対象となったのは109人の被験者ら。難しい名前と簡単な名前の両方を使って、次の3つの実験を行ったそうです。

  1. 名前に馴染みを感じるか尋ねる
  2. ツアーの案内人として危険なのはどちらか尋ねる
  3. 名前から危険な雰囲気を感じるか尋ねる

実験で用意された名前は、例えばこんな感じ。「Chen Meina(簡単な名前)Hur Hye-seong(難しい名前)」難しい名前にいたっては、どうやって発音したらいいか分からないですよね。このような名前のリストを被験者らに見せて、3つの実験を行ったのです。

さて、結果はというと、

  • 簡単な名前の方が馴染み深いと感じさせた
  • ツアーの案内人として信頼できるのは簡単な名前の人だった
  • 簡単な名前の方が安全だと評価された

とのこと。難しい名前は文字通り、難しい人だと思われて信頼されにくくなったみたいです。

確かに、なんて読めばいいのか分からない人とツアーに行いきたいかといわれたら、行きたくないと答えるでしょうね。納得のいく研究結果ではないでしょうか。

名前付けのときは簡単な名前にする、を心がけると人から信頼されやすくなりますよ。

 

企業の名前が資金集めに関係する

企業の名前次第で資金を多く集められるか決まるといったら、不思議だと思いませんか?

実は、ニューヨーク州立大学らの研究(2)では、企業名やプロジェクト名が投資家の投資額を上げることが分かったそうです。

調査の対象となったのは、アマチュアが募集していたクラウドファンディングのプロジェクト131個。次の3つの特徴に注目して、どんなプロジェクト名が資金を多く集められるのか分析しています。

  1. 名前の長さ
  2. 発音のしやすさ
  3. 名前の馴染み深さ

調査の結果はというと、

  • 短く、発音のしやすい名前ほど、資金を多く集められた
  • 馴染み深い名前は、資金の集まりが少ない傾向にあった

といった感じに。

先ほどのヴィクトリア大学らの研究と同様、分かりやすい名前の方がお金を集めやすかったそうです。逆に、馴染み深い名前が成功しなかったのは、新しいプロジェクトという感覚が失われるからだとか。新規性がなければ投資したくないというのも分かる気がしますよね。

 

ここまで見てきたのは、アマチュアの資金集めについてでした。そこでこんな疑問を持ちませんか?「プロの投資家だったら、名前なんかに惑わされず冷静な判断が出来るんじゃないの?」と。

実は、ニューヨーク州立大学らの研究では、もうひとつの実験でプロの目も狂わせることができることを明かしています

研究の対象となったのは、6695の個人事業計画。プロの投資家から投資したいと思われる事業にはどんな特徴があるのか調べています。

その結果、企業名が発音しやすいと投資額が増え、馴染み深いと減る、ということが分かったようです。プロの投資家でもアマチュアでも、名前の分かりやすさは投資額に影響を与えるのです。

起業をしたい、資金を集めたいという時は、発音しやすい企業名やプロジェクト名にすると上手くいきやすいでしょう。

 

商品を売る時にも関係する

メルカリやオークションなど、物を売りたい時、アカウント名が分かりやすいと信頼を得やすいことが分かっています

こちらは、ケルン大学らの研究(3)で、ebayに登録している販売者608人のプロフィールについて調べたそうです。

その結果分かったのが、

  • アカウント名が短く、発音しやすいほど、販売者は信頼された
  • 販売者の過去の評価に関係なく、名前による影響は確認された

とのこと。簡単で分かりやすい名前は物を売る時でも、この人とは安全に取引できそうと思われたのです。

その上、高評価・低評価の値が見えない、過去の実績が分からない場合でも、その影響は表れています。

私は騙さないよ、安心して取引できるよ、とアピールするのなら、分かりやすい名前で登録しておきましょう。

 

まとめ

名前の分かりやすさ、それも発音がしやすく文字が短いと、人から信頼されやすくなります。逆に言えば、キラキラネームのように、パッと見でなんと読むのか分からないような名前は信頼されにくいということでもあります。仮に子どもにそんな名前を付けてしまったら、面接で落とされやすくなるなど、仕事をする上で苦労させることになってしまうでしょう。

SNSのアカウント、キャラクター、ショッピングサイトなど、名前を付ける時には、分かりやすさを優先することをオススメします。