心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識を学べるでしょう。

20181114133451

MENU

イケメン美女VSただの人、知能が高いのはどっち?

ikemen bizyo IQ

イケメンや美女を見て、「何でも完璧にこなせるんだろうな」という印象を受けたことはありませんか?

皆さんの中には、学校の中で「スポーツも勉強も出来た」という魅力的な見た目の人を目撃した経験がある方もいるはず。

しかし1つ疑問が残ります。彼らは「勉強はできるけど知能は普通の人と変わらないんじゃないの?」ということ。たとえ知能が平均的でも、勉強の成績は努力次第で伸びていく。イケメンや美女は「頭よさそう」という周りの期待に答えるために努力して、勉強ができるようになったんじゃないの?と。

そこで今回は、イケメン美女とただの人、どちらが知能が高いのか心理学の文献調査をしてみました。

 

 

知能とは?

今回比較対象とする知能とは、言語性知能と非言語性知能をあわせた全般的な知能のことをいいます。より詳しくいうと、計算能力や、論理的な思考、そして空間把握能力といった広い範囲に渡る能力のことです。

 

イギリスの大学の研究からイケメン美女の知能を明らかに

イギリスの大学(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)では、17,419人のイギリス人を対象に、魅力的な見た目の人とただの人との知能の違いを検証しています(1)。それも被験者を7歳から47歳まで追う長期的な研究です。

分析の方法

被験者らは、学校の先生によって、見た目が魅力的かどうか判断されます。そこでイケメン美女と、ただの人との線引きが行われ、各グループ間の知能の比較を行うのです。

他にも、背の高さや親の職業など、知能に影響しそうな特徴も調査したそうです。

結果

17,419人のイギリス人を追って調査した結果、

  • 魅力的な見た目と知能は相関していた(r=0.351)
  • 魅力的な見た目は、他のどんな特徴よりも知能の高さと関係していた
  • イケメンの場合、ただの人と比べて13.6ポイントもIQが高かった
  • 美女の場合、ただの人と比べて11.4ポイントもIQが高かった

ということが明らかに。

イギリス人の場合、イケメン美女が圧倒的に知能が高いという結果になりました。知能と関係しそうな項目と言えば、背の高さだったり親の社会的ステータスだったりがあるのですが、今回の研究では他の影響を除いても見た目が一番影響したそうです。男女とも10ポイント以上IQに差がつくというのは、かなりの衝撃が走るのではないでしょうか。

アメリカ人にも調査をしている

同様に、イギリスの大学は、アメリカ人にも調査したそうです。被験者の数は20,745人で、高校生を対象としたとのこと。

結果分かったのは、

  • 魅力的な見た目は、知能と少しの相関があった(r=0.126)
  • 見た目よりも家族の収入の方が知能と関係していた
  • ただの人と比べて、イケメンでは2.3ポイント、美女では2.0ポイントIQは高かった

といった感じ。

アメリカ人ではイギリス人よりかは、見た目の影響は少なかったとのことです。それでもIQの値は小さな値ではあるのですが出ているので、やはり見た目のよさは知能の高さを表すのでしょうね。

 

結論:イケメン美女VSただの人の決着は?

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの研究によれば、イケメン美女ほど知能が高いということになります

心理学では、魅力的な人ほど何でもできそうに見えるという、ハロー効果があります。しかし今回紹介した研究では、ハロー効果によるIQへの影響は確認できていません。論文の著者は、

同じ時、学力から大いに生徒の認知能力に気づいていた、小学校の2人の教師によってNCDS回答者の魅力評価がされたとすると、より知的な学生が教師によってより見た目が魅力的だと考えられる若干のハロー効果が存在していた可能性がある。

しかし、ハロー効果のようなものが存在していたとすると、より知的な生徒がより魅力的であるという認識がどこから来るのか説明がつかない。

ということで、ハロー効果とIQについての関係は薄いとのことです。

ハロー効果を除いたとしても、イケメン美女の方が知能が高いという結論になりました。

もちろん、人生の成功においては知能よりも、目標に向かって頑張れる力やクリエイティブな発想力というのが大切になってくるでしょう。なので、見た目や知能を気にしすぎる必要はないかと思います。