心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識を学べるでしょう。

20181114133451

MENU

こんな表情を作れば、あなたは賢く見える

face intelligent

どのような表情をすると賢く見えると思いますか?

難しそうな顔、まじめそうな顔、いろいろな答えが浮かんでくることでしょう。

答えのヒントは、「眉と唇の形がどのようになっているか?」です。
この表情の作り方を知れば、面接などの能力を見極められる場で有利になるかもしれませんよ。ということで、今回は賢く見える表情の作り方をお伝えします。

 

賢く見せるなら眉と唇でアピールしよう

先ほどのヒントにもあった通り、賢く見えるには眉と唇の形にポイントがあります

「眉が下へ下がり、唇も力なく下がっている」そんな表情では、賢く見えません。目がしっかりと見開いていて、明るい表情をしているという人に賢いと感じるのです。

具体的にどのような形を作ればいいか、セント・アンドルーズ大学らの研究(1)から見ていきましょう。

セント・アンドルーズ大学らの研究から表情の作り方を学ぶ

セント・アンドルーズ大学らは4つの実験を行い、顔の特徴からどんな表情が賢く見えるのか分析しています。

実験のデザインはこんな感じです。

  • 2つの実験で、100人の顔写真から魅力的・賢そうな顔の特徴を分析
  • 1つの実験で、顔写真の表情を意図的に操作し、どんな表情が賢く見えるのか分析
  • 1つの実験で、顔写真のモデルが睡眠不足だった場合、賢く見えなくなるのか分析

ちなみに被験者となった人たちは、子どもから大人まで幅広い年齢だったそうです。どの年齢層にも「頭が良い」と思われる表情は何なのか調べた、ということになります。

さて、結果はというと、

  • 顔が魅力的な人ほど、賢いと評価された
  • しかし顔の魅力に関わらず、眉を上げて目が見開いている表情と、曲線的な唇(にっこりマークみたいな)表情をしていた人ほど賢く評価された
  • 顔写真のモデルが睡眠不足でも、眉が上がっていて目が見開いている、曲線的な唇の人ほど賢く評価された

といった感じに。

「眉を上げて目を大きく見せ、口角を上げて唇を曲線的にすれば、誰でも賢く見せることができる」ということになります。

もちろん、顔の魅力的な人はハロー効果が働いて無条件で頭良さそうに見えるのですが、魅力的でない人でも、表情の作り方次第で印象を変えることが出来るのです。

 

まとめ

自然な感じで眉と口角を上げれば、賢い人だと思わせることができるでしょう。しかもその影響は賢さ意外にも表れます。

著者曰く、

私たちは、まぶたの開きと魅力と知性の両方の認識との間に強い相関があることを見つけたが、社会の顔の認識に関する文献では、この見解はほとんど見過ごされてきた。

とのことで、まぶたと眉との間が広いと、魅力もアップすることも分かったそうです。

賢く見え、さらに魅力的に見えるこの表情。是非、実践してみてはいかがですか?