心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識が得られるでしょう。

20181114133451

MENU

【学習の心理学】聴くvs読む【どっちが記憶に残る?】

audio-text
ポッドキャストのように音声を聴きながら学習するのと、テキストを読んで学習するのとでは、どちらが記憶に定着しやすいのでしょうか?

過去の研究を参照してみると、両者の差は歴然としていました。

 

記憶に定着するのは読む方である

ノーザン・コロラド大学とウィスコンシン大学の研究(1)では、音声を聞いて勉強すると記憶に残りづらいことが分かりました。

ポッドキャストやオーディオブックで学習するよりも、紙の本を読むほうが記憶に定着しやすいのです。

 

研究結果によると、ポッドキャストとテキストでの記憶定着の差は歴然としています。

  • ポッドキャストを聴いた人の記憶テストでの正答率59%
  • テキストを読んだ人 " 正答率81%

 

この結果は、48人の学生を対象とした実験によって示されたものです。

学生らは2つのグループに分かれて、約22分間同じ教材を学習しました。

  1. ポッドキャストを聴く
  2. テキストを読む

2日後、彼らが10個の問題を解くと、ポッドキャストグループの方が低い点数を取ったのです。

 

研究者曰く、

ポッドキャストグループの学生らは、クイズの結果が悪く 、次のような報告をした。

知識不足、理解が足らなかった、教材を難しいと感じた、テキストで学習した学生よりも学べなかった。

とのこと。

学びづらいという点で、ポッドキャストグループは点数が低かったのかもしれません。

 

著者はさらに続けます。

興味深いことに、クイズ後に彼らの結果を知らせなかったとしても、ポッドキャストグループはポッドキャストが学習に効果的なツールでないことを認識していた。

自分が何点なのか知らされなくても、直感的に「ポッドキャストでは頭に入らない」と感じていたのです。

 

さらに研究では、追加の調査で学生らに「どうすればポッドキャストが効果的な学習ツールとなるか?」を議論させたところ、様々な意見が飛び交ったそうです。

  • グラフやチャートなどの視覚的なサポートを充実させる
  • どこがポイントが分かりづらい
  • レビューがしづらい

 

音声を聴いてでの学習には課題が多そうです。記憶に定着させたいときは、オーディオではなく、本を買うことが望ましいでしょう。