心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識を学べるでしょう。

20181114133451

MENU

勉強中の音楽はアリ?ナシ?心理学的な答えとは

勉強 音楽

勉強中に音楽を聴いて気分を上げる方っていますよね。好きな音楽を聞けばやる気が出るような感じがしたり、集中力が高まるような気がしたりします。しかし、聴きながらの勉強は効率的とはいえません。しかも、あなたがもし内向的な性格であるならば、逆効果にさえなり得るのです。

今回は、勉強中に聞く音楽が学習効率にもたらす影響についてお伝えします。

 

  

1.心理学研究で分かっていること

心理学の間では、音楽が勉強に効果があるのか決着がついていないようです 。音楽の心理学の歴史は長く、研究は70年以上前から行われています(Fendrick,1937)。ちなみに、この研究でも、音楽の影響について何も明らかに出来てないとのこと。 

 

それから時が進むに連れて続々と論文が作られ、一部の研究では、バックグラウンドミュージックが読解力を上げたり、IQテストの成績を上げたりすることを明らかにします。

しかし、2011年に行われた信頼性の高い研究では、バックグラウンドミュージックはパフォーマンスの質を上げないという結果が出ました(kampfe et al,2011)

その後も効果があるとする論文や、効果がないとする論文が次々と発表されています。

一体なぜ70年にも渡る長期的な研究が行われているのにもかかわらず、いまだに決着がついていないのでしょうか?次いで見てみましょう。

2.なぜ過去の研究で音楽の効果が分からなかったのか?

これらの研究が、効果をはっきり結論付けれないのには理由があります。

その理由は、どの論文も聴く音楽の種類の違いや、聴く人の性格の違いを考慮に入れていなかったから。当然、音楽を聴きながら集中できる人もいれば、できない人もいます。アップテンポの曲を聴くとテンションが上る人もいますし、逆に刺激が強くて疲れてしまう人もいるのです。

このように、人や音楽の違いを考えていなかったため、研究が上手くいかなかったのです。

 

しかし最近では、性格の違いが音楽による影響に違いを出すとの論文が出てきています。あなたが外交的な性格か、内向的な性格かで効果が変わるというものです。

3.内向的な人は静かなところで勉強するべき

論文で次々と明らかになったのは、外交的な性格であれば音楽によって勉強の集中力は下がらず、内向的な性格であれば集中力が下がるというものです。

その理由は、内向的、外交的な人の脳には違いがあるから

外交的な人の脳は外からの刺激に反応しづらい構造をしています。なので脳をうまく働かせるためにはより多くの刺激を必要とします。外で大勢の人と会ったり、未知の体験を好むのも実はこれが理由です。 

反対に、内向的な人は刺激に弱い構造をしています。ちょっとの刺激で、脳の覚醒レベルが急激に上がってしまうのです。その時、覚醒レベルが高くなりすぎると、脳の処理スピードが落ちたり、疲れを感じたりします。これが理由で、内向的な人は、人が大勢集まるパーティーに行くと疲労が溜ったり、不確実性の高い状況に怖さを感じたりするのです。 

 

このように、性格による脳の違いで、音楽を聴きながらの勉強が得意だったり苦手だったりします。外交的な人は、音楽を聴いても集中力は下がりません。内向的な人は、刺激が強すぎて集中力が下がります。なので内向的な人は、静かなところで勉強した方が集中を保てるのです。

3.音楽を聴くなら勉強前

勉強中に集中力を落とさない又は、しっかりと成果を上げるためには、脳の覚醒レベルを高すぎないようにしないといけません。

人は音楽を聴くと、脳の覚醒レベルが高まります(Nakamura et al 1999)。もしも、勉強中に音楽を聴いてしまえば、脳が勉強と音楽の2つの刺激にさらされるので、覚醒レベルは過剰になってしまうでしょう。それもそのはず、1つの刺激であれば脳の負担は少ないのですが、2つ以上となるとマルチタスクとなり脳が興奮しすぎてしまうのです。なのでもし音楽を聴くなら、内向的な人も外交的な人も勉強前に1点集中で聴くのがベストです。

4.まとめ

音楽を聴きながらの勉強は学習効率を下げてしまいます。長く集中したい方や、短時間で最大の集中力で勉強したい方は、勉強前に聴くのがオススメです。