心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識が得られるでしょう。

20181114133451

MENU

【ナルシストだけじゃない】SNSに自撮りを投稿するのはこんな人

selfie-dark-tirad

SNSに自撮りを投稿する人からは、直感的にヤバいと感じさせる何かがあります。

様々な心理学研究を見てみても、確かにその直感は当たっていて、自撮りを多く投稿する人ほどナルシストだったり、精神的に問題(ストレスや不安)があったりするそうです。

そんな中、最近読んだ論文には、意外な性格特性を持つ人がSNSに自撮りを多く投稿することが書かれていました。

その特性とは...。

 

SNSに自撮りが多い人の性格特性

オハイオ州立大学の研究(1)では、18-40歳の800人の男性を集めて、ある調査を行いました。

調査内容は、彼らのSNSにおける自撮りの投稿の頻度と、自撮りの編集具合、SNS利用時間、パーソナリティでした。

パーソナリティに関する質問には、次のことが含まれていたそうです。

  • サイコパス
  • ナルシスト
  • マキャベリスト
  • 外見重視か能力重視か

研究者らが質問の回答を集め、分析にかけると意外な事実が明らかとなりました。

なんと、SNSに自撮りを多く投稿する人は、ナルシストなだけでなくサイコパスの傾向もあったのです

サイコパスが自撮りを多く投稿する理由について、研究者は次のようにいいます。

ある研究では、過度の飲酒やみだらな行動をSNSでほのめかす男性は、投稿から「人気者」であることが分かる男性よりも魅力的に見えることが分かった。従って、サイコパスな男性がSNSで大胆さや衝動的を表すとき、それが異性を惹きつける助けとなるのかもしれない。

サイコパスは自らの危険な香りで女性にかっこよさをアピールするということです。

というのも、サイコパスの恋愛は普通の人とは違い、次々に女性と短期的な関係を築きます。飽きたら捨てる、それを繰り返すのです。この恋愛を続けるために、女性に自分の魅力をアピールする道具としてSNSに自撮りを投稿するのでしょう。

 

ちなみに、今回の研究では他にもこんな結果が出ています。

  • ナルシストと見た目を重視するひとは、自撮りを加工する傾向にあった
  • 〃 は、1日のSNSの利用時間が長い傾向にあった

見た目を重視する人というのは、人の魅力は見た目で決まると考えている人のことです。彼らとナルシストは、SNSに実際の自分よりもかっこよく見せた写真を載せることで、人からの賞賛を得ようとします。それで自分のかっこいいといわれたい欲求を満たそうとするのです。

自撮りを投稿する人にまともな人はいませんね。

 

まとめ

自撮りの多い人は、ナルシストでサイコパスの恐れがあることが分かりました。自撮りが多い人の投稿を見て感じる「近寄らない方が良いかも」という直感は正しいかもしれません。

「このひと、自撮りが多いなぁ」と思ったら、即閉じてしまうのが良いでしょう。この人ナルシストかも、サイコパスかも、と思ったら、次のエントリーで判断することも出来ます。

あくびがうつらない?サイコパスを見抜くための特徴6つ - 心理の棚

人見知りだろうとナルシシズムの可能性あり、ナルシストの種類とは - 心理の棚

当てはまる人がいたら注意しましょう。