心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識を学べるでしょう。

20181114133451

MENU

1日といわず2週間サボっても痩せる?意外なダイエットのコツ

diet-tips
張り切ってダイエットをすると失敗しやすいです。

1ヶ月本気でダイエットしようといった考えを持つと、すぐに挫折します。

周りに体重の増減が激しい人はいませんか?彼らは、無理して痩せようとするから何度もリバウンドを繰り返してしまうのです。

より痩せやすい方法とは、頑張らないで出来る方法のこと。厳しい食事制限をする必要はないのです。

これから、海外の研究を例にサボっても痩せるダイエットのコツなどをお伝えしていきます。

 

 

2週間サボった方が上手くいきやすい

甘いもの食べて至福な時を過ごしてもいいのです。好きなものを食べながらでも、痩せることは出来ます。それが2週間サボるというコツです。

やり方は、2週間摂取エネルギーを減らして、次の2週間はいつも通りの食事にするだけ。

自由に食べれる日が何日もあるので、我慢してたスイーツを食べて罪悪感を感じるなんてこともなくなります。

実際に、このテクニックを使った人たちは、ただ食事制限をするよりも6ヵ月経った後、8kgもの差が付いたという報告があります。

本当か?と疑う人もいるかと思うので、その研究を見てみましょう。

タスマニア大学の実験で8kgも差が

タスマニア大学は、肥満男性33人を対象としてダイエットの実験(1)を行いました。

結果の比較のため、被験者らを「2週間摂取エネルギーを33%減らし、2週間いつもの食事に戻すグループ(エネルギー増減グループ)」と「摂取エネルギーを33%減らし続けるグループ」に分けています。

16週間に渡る実験期間が終わると、驚きの結果が出たようです。

その結果はというと、

  • エネルギーの増減を繰り返したグループは、6ヵ月後には、もう一方のグループよりも8kg減っていた
  • 5%減らすという目標に対して、エネルギー増減グループは4ヶ月で達成した。反対に、もう一方のグループは8ヶ月かかった

といったことに。

2週間サボれた方が明らかに体重が減っていたのです。普通にダイエットするのは実は間違いだったということになります。

 

ダイエット中は規則正しく食べること

つい衝動的におやつを買ってしまったという経験はないですか?

そんな時は、ご飯時まで食べるのを我慢してみましょう。規則正しい時間に食べないと、体重がいつまで経っても減らないということになりかねません。

「おいしそうなデザートを見つけた、小腹が空いたから食べようかな?」これではダメなのです。

その理由は、ヘルシンキ大学が見つけています。

10年の調査で、体重が落ちない人の特徴が分かった

ヘルシンキ大学の実験(2)では、4679人の体重変動を10年に渡って調査しています。その結果、どんな人が体重が落ちないのか分かったそうなのです。

その特徴は、

  • 男女共に、3食規則正しく食べていなかった人

といった人たちでした。

朝、昼、晩、どれかを抜いたり、合間におやつを食べたりしていた人ほど体重が減りにくかったのです。

どうしてもおやつを食べたいという時は、3食の内どれかの時間に一緒に食べるようにして見てください。

 

5倍以上痩せるダイエットのモチベーションの上げ方

ダイエットがうまくいかない人は、やる気の出し方が間違っているかも。

やる気を上げる方法として、「なんで自分はダイエットをしたいのか?」など、ダイエットする理由を自問自答するという方法が一般的だと思います。しかし、それではうまくいきません。

効果的なモチベーションの上げ方とは、5感を使って鮮明にイメージをすること。自分の細っそりとした体型、痩せた後にやりたいこと、失敗して悔しい思いしている時の姿、そういったことを強くイメージするほど、ダイエットは成功しやすくなります。

この方法は、プリマス大学の研究でも支持されている方法です。

プリマス大学の研究で分かったイメージの効果

プリマス大学の研究(3)では、141人を対象としてダイエットのある実験を行っています。

被験者らは、「インタビュー形式でモチベーションを上げるグループ」と「5感を使いながらイメージしてモチベーションを上げるグループ」の2つに分けられました。

「インタビュー形式」は、自分の痩せる理由を自問自答するみたいな方法です。

6ヵ月後に、被験者らの体重の減り具合を調べたところ、

  • 「イメージ」グループは4.1kg痩せ、「インタビュー」グループは0.7kg痩せた

という結果になりました。

イメージする方法は、他の方法よりも5倍以上痩せやすかったのです。

朝起きてすぐ、ベットから出た時、自分の痩せた姿をイメージすると、ダイエットのモチベーションぐんと上がるはず。

 

まとめ

頑張らなくても痩せるコツは、3つあります。

  1. 2週間サボる
  2. 規則正しく食べる
  3. イメージでモチベーションを上げる

どれも、辛い気持ちを感じることなくできるコツです。

これらを試せば、1ヶ月と言わず、半年、一年と体重を落とし続けたままでいられるはず。

もうダイエットで挫折することも失敗する心配もなくなるでしょう。