心理の棚

心理学の論文や書籍から得た知識をシェアしていきます。当ブログでは、心理学の知識を学べるでしょう。

20181114133451

MENU

ネガティブな気分で脳の力を発揮できる人がいるかも

negative-mood

楽しいことには全力で楽しんで、落ち込む時には一切元気がなくなる。

この様に、人より感受性の強い人は、ネガティブな気分の時に意外な強みを発揮できるかもしれません。

今回は彼らの強みの1つ、ネガティブな気分で認知能力が高まるという話について見ていきましょう。

 

 

ネガティブな気分で脳の力が上がる

感受性の強い人たちは、ネガティブな気分の時に高い認知能力を発揮できるようです。ウォータールー大学は感情的反応の強さによって認知能力に違いがでるのか研究(1)しています。

この研究の実験デザインはこんな感じ。

  • 被験者に質問紙で感情的反応の強さを調べる
  • 過去1週間の気分を振り返ってもらう
  • 衝動のコントール能力とワーキングメモリを測るタスクで認知能力を調べる

ちなみにワーキングメモリというのは、脳のメモ帳的な存在で、頭の回転の速さなどに関わりのある機能のこと。

感情的反応は感受性の強さのようなものです。

実験では、被験者らを感情的反応の強さで、

  1. 強い
  2. 平均的
  3. 弱い

の3つのグループに分け、認知能力を比較していったようです。

強さのイメージとしては、映画館で悲しいストーリーを見て「大泣きする」か、「ちょっとうるっとする」か、「平然としている」みたいな感じでいいかと思います。

さて結果はというと、衝動のコントロール力は、

  • 感情的反応の強い人はネガティブな気分の時ほど、コントロール力が低くなる傾向にあった
  • 平均的な人は統計的に有意ではないが、ネガティブな気分の時ほど、コントロール力が低くなる傾向にあった
  • 弱い人は有意ではないが、ネガティブな気分の時ほど、コントロール力が高まる傾向にあった

といった感じに。

ワーキングメモリは、

  • 感情的反応の強い人はネガティブな気分の時ほど、成績が良かった。
  • 平均的な人は有意ではないが、ネガティブでない時ほど、成績が良くなる傾向にあった
  • 弱い人は有意ではないが、ネガティブな気分の時ほど成績が悪くなる傾向にあった

という風になったそうです。感受性の強い人はネガティブな気分で認知能力が高まりやすいということになります。

私自身、感性は豊かなほうで確かにネガティブな時ほど頭の回転が速くなっているという感じはします。結構当てはまっているなと感じる人もいるのではないでしょうか?

 

なぜ認知能力が上がるのか?

心理学の理論の中には、ネガティブな気分が思考力を上げる、というものがあります。

例えば、来る大事なプレゼンや面接に向け、「何を話そうか」や「何が聞かれそうか」などをじっくり考えるというのも正にそうです。「ちゃんと話せるか心配だ」というネガティブな気分を感じるからこそ、思考力が高まり未来のことを考えられるのです。

先ほどの研究の著者は、この理論を基にしてネガティブが脳の力を高めるのではないかと仮説を立てたとのこと。そして実験の結果、感受性の強い人のみに理論が適用されたようなのです。実験結果を受け、著者曰く、

推測だが、ネガティブな気分が感情的反応の強い人を認知的に悪化させないのは、 彼らは、よりネガティブな気分の状態で鍛えられているからだ。

とのこと。まとめると、ネガティブを感じづらい人は、いざネガティブになると、感情にうまく対処できなくて認知能力が下がってしまう。反対に、感受性の強い人たちは、弱い人たちより感情体験に慣れていることによって、ネガティブな気分をうまく扱えるから、認知能力が上がるといった感じでしょうか。

 

ポジティブな気分ではどうなるの?

ネガティブな気分は脳の力を高めるかもしれません。では、ポジティブな気分ではどうなるのでしょうか?

今回お伝えした研究の実験では、ポジティブな気分と認知能力には関係が見つけられなかったそうです。

というのも、心理学の理論には、ポジティブな気分が脳の実行機能(プランニングや自制心に関わる機能)を妨げるというのがあります。今回の結果は、この理論を支持したことになり、もしかするとポジティブは、認知能力にとっては益のない存在なのかもしれません。

 

まとめ

感受性の強い人は、ネガティブな気分の時に認知能力が高まるかもしれません。しかし、実験では統計的な有意はなかったということなので、確実に上がるとまでは言えないでしょう。ただ、ネガティブな気分で認知能力が下がったという証拠もないので、期待が持てそうなデータではあります。もしかすると、今回の結果が感受性の強い人の強みとなってくれるかもしれませんね。